ぐるなBB

宮城県在住であるBBの主観が渦巻く日常観察バラエティ

『ラーメンひつじ』の“しょうゆラーメン 味玉トッピング”

『ラーメンひつじ』の詳細は以下の記事を参照↓

https://gurunabb.hatenablog.com/entry/2022/09/30/100000

 

しょうゆラーメン 味玉トッピング

f:id:gurunaBB:20221001112817j:image
麺  ★★★

ス  ★★★★

肉  ★★★

玉  ★★★★

他  ★★★

80点


オーソドックスにメインメニューに味玉をトッピングする。

 

注文から提供までは非常に早く、真白な器に和の中華そばが飾られる。

f:id:gurunaBB:20221001112833j:image

麺は細めやや角型のストレートややうねり、加水率は高め、表面はぷるぷるで弾力も柔らかく、もちもちぷっちんといった定番の質感。

f:id:gurunaBB:20221001112916j:image

スープは透き通った鶏ベース、醤油のコクや塩味が濃厚で、少し辛いと感じるくらいの塩味で飲み干すのには勇気がいる。

 

具材はチャーシュー、メンマ、長葱、そしてトッピングの味玉。

f:id:gurunaBB:20221001112930j:image

チャーシューは脂身の少ないロース様の肉を生ハム用の機械で薄くスライスした様であり、非常に薄めで5枚ほど、薄めでむちっとした弾力も味付けや味わいは乏しく感じるが、まとめて食べれば豚の甘味もやや感じるか。

f:id:gurunaBB:20221001113007j:image

メンマは角柱型で太く、カリコリとして歯応え良好、甘めの風味も強塩味のスープには良い箸休め、長葱も白髪様に薄く、爽やかな青味の風を引き寄せる。

f:id:gurunaBB:20221001113018j:image

味玉は丸々1個、白身は固めのプリッと感、黄身はパーフェクトな半熟具合のイエローオレンジでまったりどろり、そして濃厚なコクと共に二度見してしまうほどの強烈な塩味が黄身から感じられ、注射器で塩水を注入したか、もしくは手品かという混乱すら覚えさせられる。

 

味変としてブラックペッパーを振りかければ多少の味の締まりはあるが、塩味も増すために慎重に行動したいところ。

『ラーメンひつじ』の店舗情報

宮城県多賀城市八幡にあるラーメン屋。

f:id:gurunaBB:20220930072442j:image

イタリア料理店を隣に構え、イタリアンシェフが手掛けるラーメンとの事で新規オープン。

 

駐車場は店舗脇や奥の月極に数台あるため、良く確認されたし。

f:id:gurunaBB:20220930072500j:image

またJR仙石線多賀城駅から『マツモトキヨシ多賀城八幡店』に向かって400mほど進み、交差点を左折するとみえてくる。

f:id:gurunaBB:20220930072525j:image

メニューは“しょうゆラーメン”、“チャーシューメン”、“白ゴマタンタンメン”の3種のみ、トッピングは味玉やチャーシュー、ご飯物メニューはないが、ライスが無料で注文出来る。

 

店内はテーブル席が点在し、4人掛け3卓、3人掛け1卓、2人掛け2卓の19席。

f:id:gurunaBB:20220930072544j:image

卓上調味料はブラックペッパーオンリー、そのあたりも何だかイタリアっぽい。

『ハーゲンダッツ』の“香ばしクレームブリュレ”

ハーゲンダッツ

香ばしクレームブリュレ

f:id:gurunaBB:20220929073134j:image

95点


ハーゲンダッツのクリスピーサンドに季節限定、香ばしクレームブリュレが参入。

 

薄めのカラメルウエハースが挟み込むのは、カスタードチョコレートでコーティングされたカラメルチップ入りのクレームブリュレアイス。

f:id:gurunaBB:20220929073157j:image

コーティングは厚めで歯応え良好、パキパキの砕かれ感からアイスのむっちり重厚質感と、まったりとろーりの溶け出し感を舌で堪能する。

 

バニラビーンズをあしらったカスタードとチョコレートのコクと甘味が溢れるコーティング、カラメルチップのほろ苦くもパワフルな甘味が合わさり、まさにクレームブリュレの様な臨場感が組み立てられる。

f:id:gurunaBB:20220929073214j:image

ウエハースからもほんのり香ばしい風味が流れ、パリパリサクサク感すらが割り入ったクレームブリュレを演出している様な凄まじいアイス。

『ロッテ』の“爽 2つのキャラメル”

ロッテ

爽 2つのキャラメル

f:id:gurunaBB:20220928073052j:image

100点


『爽シリーズ』に2種のキャラメルアイスのコラボが登場。

 

蓋を開ければベージュとブラウンの市松模様、ベージュがスイートキャラメルアイス、ブラウンがビターキャラメルアイスで構成されている。

f:id:gurunaBB:20220928073123j:image

シャリシャリとした氷菓の様な舌触りと爽やかな口当たり、そしてトロリとクリーミーに溶け出すハイブリッド質感はこのシリーズならではか。

 

スイートキャラメルはバニラの風味が香るスッキリ軽やかテイスト、ほのかな甘味とコクで実に上質。

f:id:gurunaBB:20220928073142j:image

ビターキャラメルは焦がしたほろ苦さが味に深みを増させながら、凝縮された濃厚な甘味が吹き抜けていく。

 

そしてスイートとビターが入り混じったダブルキャラメルはその甘味と苦味が良く融合され、実にハイクオリティなアイスに仕上がっていく。

『菜々家』の“菜々家特選ランチ”

『菜々家』の詳細は以下の記事を参照↓

https://gurunabb.hatenablog.com/entry/2019/05/11/100056 

 


菜々家特選ランチ

f:id:gurunaBB:20220927072552j:image

85点


揚げ物ランチの定番メニュー。

 

白米と味噌汁と共に、男爵コロッケ、クリームコロッケ、手揉み唐揚げ、ナポリタン、キャベツが一皿に盛られて提供。

f:id:gurunaBB:20220927072614j:image

男爵コロッケは大きな小判型、衣は軽めでサクサクと、中のおいもはねっとりとした粘り気があり、まったりとした口当たりから芋の穏やかな風味が顔を出す。

f:id:gurunaBB:20220927072629j:image

クリームコロッケはまんまる型、衣は男爵コロッケよりもさらに軽く、サクサクよりもサササという感じ、中のクリームはやや固めでもったりと、重厚な質感が口いっぱいに広がる。

f:id:gurunaBB:20220927072646j:image

クリームはベシャメルソースにどこか磯の香りが鼻をくすぐる様に付与された印象、程よい塩味で軽やかに。

f:id:gurunaBB:20220927072702j:image

唐揚げは2個あり、衣は粗くカリカリとして歯触り良好、さらにはもも肉使用でジューシーな質感から弾力十分。

f:id:gurunaBB:20220927072720j:image

衣にも強めの塩味と香ばしさ、肉身からもジュワジュワと鶏の旨味に下味の塩味とが湧き上がる様で、相当なクオリティに。

f:id:gurunaBB:20220927072747j:image

ナポリタンは乾いた数本がまとまっており、ほのかなケチャップの酸味で良い箸休めに。

f:id:gurunaBB:20220927072802j:image

キャベツには定食ならではの胡麻ドレッシングがかけられており、どうして惣菜バイキングのドレッシングにしてくれないのか不思議でならない、それくらい濃厚ながらさっぱりとした胡麻ドレは良い。

 

備え付けのソースはどろっとした中濃様ながら、甘味がやや強めで塩味や酸味を抑えた使用になっている印象も、このラインナップで白米と戦えるのは唐揚げである事を理解しておくべきである。

『家系ラーメン しずく家』の“ミニチャー丼”

『家系ラーメン しずく家』の詳細は以下の記事を参照↓

https://gurunabb.hatenablog.com/entry/2022/09/23/100000

 

ミニチャー丼

f:id:gurunaBB:20220926072054j:image

90点


ご飯物メニューのひとつ。

 

小ぶりな椀に白米150gほど、その上にチャーシューと白髪葱がのり、タレを回しかけられる。

 

チャーシューは豚バラ肉の賽の目カット、ぷるぷるの脂身とむっちりな肉身、ジューシーな肉質といった高品質なお肉にしっかり付けられた塩味強めの下味。

 

白髪葱のシャキシャキ感と辛味がチャーシューのクドさを緩衝し、見た目よりもサッパリ頂ける。

f:id:gurunaBB:20220926072121j:image

さらにはかけられたタレは醤油濃いめのカエシ様に、胡麻油やラー油の様なソースも追加されてほんのりピリッと、味に締まりとインパクトを与えつつ、白米に染み込みながら肉との繋がりも意識されているか。

 

願わくば椀がもう少し大きいとありがたく、食べる間に具材が再三落ちてしまうのが難点か。

『家系ラーメン しずく家』の“超お得DXスペシャル”

『家系ラーメン しずく家』の詳細は以下の記事を参照↓

https://gurunabb.hatenablog.com/entry/2022/09/23/100000

 

超お得DXスペシャ

f:id:gurunaBB:20220925075403j:image

100点


トッピングメニューのひとつ。

 

味玉、大きい唐揚げ、厚切りチャーシュー1枚がついて破格のお値段というトッピング盛り合わせ。

f:id:gurunaBB:20220925075434j:image

味玉は丸々1個、褐色に彩られた白身は固めでむちっと、黄身は濃い目のゴールドイエローで固めの半熟具合、醤油濃いめのカエシタレが染み込んで★★★★といったところ。

f:id:gurunaBB:20220925075450j:image

唐揚げは胸肉だろうがかなりの体積があり、通常の唐揚げの3倍ほどをイメージしてもらうとありがたい。

f:id:gurunaBB:20220925075507j:image

衣はザクザクのガリガリで粗め、肉質はむっちりとしながらジューシーでパワフルな弾力、衣にも塩味や辛味といった下味がついており、鶏の臭みもなくシンプルに頂ける。

f:id:gurunaBB:20220925075521j:image

チャーシューは豚バラ肉を20cmほどの長さで1枚、1cmほどの厚みもあり、しっとりとした質感に脂身のぷるんと、肉身のむっちり感で食べ応えあり、醤油が濃いめのカエシタレで味を付与されて非常に食べ応えがあり★★★★★といったところ。

 

これとライスだけでも良い印象。